カイロプラクティック院とO脚

O脚矯正(オオキャク矯正)


O脚の矯正


日本人の脚の悩みですごく多いのがO脚です。このO脚が女の子達に特に多いことを知ってますか?女性でO脚が気になっている人は、多いと思うのですが、最近では男の方もO脚疑って治療を受けにくることの多いと言われています。O脚のように曲がった脚は、外見が悪いだけでなく脚が太って見えてしまいます。ミニスカートなど脚を露出することの多い女性には、外見の悪さが大きな問題になります。見た目だけでなく、O脚は、肩凝り、腰痛、脚のむくみ、便秘、頭痛、生理痛などの症状の原因になっていることもあり、将来的に膝の変形をきたし膝関節を曲げられない、膝関節が腫れる関節の痛みで歩けない、などで苦しむことになるかもしれません。

O脚の原因は?


O脚の要因には先天性な(遺伝的な)ものと、後天的なものがあります。先天性のものは遺伝子により受け継がれたものです。後天的なものは生活習慣などによって脚の骨が少しずつ歪んできてしまったものです。イスや床に座る時の癖や歩き方の癖などで脚の骨が歪んでいきます。成長期の骨格が大きく伸びる時期の影響力は大きく、多くの場合、成長する時期にO脚になります。また、O脚は中年以降、筋肉や骨が弱くなってくると急激にO脚の歪みが悪化してくることが多く、これは膝が歳をとるにしたがってだんだん変形してくるのが原因になります。

O脚って改善できるの?


昔は、O脚の要因は解っていなくてひとたびO脚になってしまったら治せないと思われていましたが、今では、O脚の大部分は治るということが分かってきました。湾曲してしまった骨は真っ直ぐにすることはできませんが、骨盤、股関節、膝関節などの骨格を修正することによってO脚を真っ直ぐに近付けていくように調整することができます。O脚で悩んでいるなら一度O脚矯正をしてみるのもいいと思います。

カイロプラクティックとO脚矯正


O脚の治療で最も効果があるのがカイロプラクティックなんです。カイロプラクティックは、骨格を修正する治療法で、もちろん脚の治療のプロです。カイロプラクティックでのO脚矯正は、骨盤、股関節、足首の関節、膝関節などを様々な方法で治療することで曲がった脚を真っ直ぐに修正していきます。O脚の状況によっては器具を使うこともありますが、基本的に手技療法によって治療します。整カイロプラクティックのO脚矯正は、一回目から変化が出ることが多く、とても効果的なのが分かります。ただ、カイロプラクティックのO脚矯正といってもカイロプラクティック師ごとに矯正方法が違い、どこに行っても同じような治療ができる訳ではない。カイロプラクティックは技術です。カイロプラクティック師の力量に差があるからです。ちゃんと調べてから行くのがいいと思います。O脚矯正をおこなっているカイロプラクティックでもホームページに治したO脚の画像を掲載していないところとかは行くのを一度考えた方がいいかもしれません。O脚の治療の実績がまったく無いカイロプラクティック治療院かもしれません。あと危険なのが、最初から高額な回数券をススメてきたり、カードローンなどを薦めてくる所も行くのをちょっと待った方がいいかもしれませんね。初めの何回かは様子を見る為に、回数券やローンを組まずに通った方がいいと思います。

O脚を改善しよう


O脚は、将来脚の痛みだけではなく全身に悪影響を及ぼすものです。改善するにしても若いうちに治さないとO脚の修正が困難になります。カイロプラクティックの矯正法で改善できると言っても、膝や股関節などの変形が始まってからでは何もできません。O脚に気付いたら早急に矯正することをおススメします。カイロプラクティックが有効だと言っても限度がるので矯正できなくなってからでは手遅れです。O脚を改善したいのであれば試しにカイロプラクティックに行ってみることをおすすめします。

整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

閻ー逞帙・豐サ縺玲婿縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

腰痛を治す整体


腰痛を治す整体


腰痛」とは、腰の部分の痛みや炎症などを症ずる状況を指します。大多数の腰痛は、だいたい発現から数週間以内に症状が軽減します。しかしほとんどの「腰痛」は、痛みを何度も繰り返し、その中の何パーセントかは運動に大きな支障をもたらす重大な症状になってしまいます。腰痛は、大まかに分けて急性の腰痛と慢性腰痛に分けることができます。急性腰痛は突然痛くなる、「ぎっくり腰」を含めて症状が出てからたいして時間の過ぎていない腰痛です。慢性腰痛は長期間痛みなどの不快な状態が腰部につづく「腰痛」で痛みなどの症状の軽減と発症を何度も繰り返しながら長い期間持続する場合もある。一生の中で80パーセントほどの人達が、一回は腰痛を経験すると
いわれています。

腰痛の分類


腰痛は急性腰痛と慢性の腰痛という痛みが出てからの期間で区分されるだけではなく、もちろんのこと症状によっても分けられます。症状による腰痛の分類には、急性腰痛症,腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、心因性腰痛、腫瘍(癌)、がある。椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症みたいな「腰痛」は、高齢の方達にはありふれた「腰痛」でレントゲンやMRIなどの画像診断をするとおおくの場合高齢の方に見られますが、これらの腰の病変は老人の「腰痛」の原因ではないという話もあるようです。これは手術によって腰痛の要因を取り除いても、「腰痛」が治らないことがおおいためです。緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜に過度な力が掛かることで、筋膜や筋肉などが緊張することで現れる腰痛である。慢性腰痛「腰痛」が、3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。要因が解らない「腰痛」もたくさんあって不安やストレスなどが要因の精神的な腰痛ではないかとも言われています。急性の腰痛をこじらせて慢性の腰痛に変化することもあります。

それ以外の腰痛


「腰痛」には、とても危険な疾患が隠れているばあいもあり緊急性が高く死ぬ可能性のある疾病もある。緊急性が高く死亡率の高い「腰痛」の原因に大動脈解離、腹部大動脈瘤、腎梗塞急性膵炎、などがあります。特に注意を要する腰痛は、腹部感染症脊椎感染症悪性腫瘍、などがある。「腰痛」の要因になるこのような病変に関しては、原因である疾病を治療しないかぎり「腰痛」が治ることはありません。腰痛症状の他にも症状がある人は、他の疾病が潜んでいないか調べてみることが重要になる。ただの「腰痛」だと油断していると、命取りにもなりかねません。「腰痛」の中には命取りになる恐い「腰痛」もあることを知っておくといいでしょう。

非特異的腰痛を来たしやすい要因


精神的要因(不安、ストレス)、肥満、妊娠、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。精神的要因による腰痛は、原因が見つからない「腰痛」に対してよく使われますしかし、MRIやレントゲンに要因らしいものが写らなかったからと言って精神的な要因というのは違っています。MRIやレントゲンにすべての原因が写し出されることは無く、反対にレントゲンやMRIに写し出されない原因の方がずっと多いことからも、心因性腰痛だと判断されたからと言って身体的な要因がないと安心することはできない。

カイロプラクティックと腰痛の施術


「腰痛」の治療には、色々な方法が用いられます。これは、腰痛の原因が様々あるということだけでなく、決定的な方法が無いことです。一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使う治療と、筋力トレーニング、姿勢の改善、ストレッチなどの運動療法。コルセットやテーピング。電気治療や温熱療法。マッサージや鍼治療。様々な方法が腰痛治療で用いられますが、中でも最高に効果があるといわれているのが「カイロプラクティック」などの骨格矯正なんです。「カイロプラクティック」は、背骨や骨盤などの骨を整えることで「腰痛」を治療します。背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の主な原因になります。「カイロプラクティック」は腰痛の原因になる背骨や骨盤を整えます。

腰痛のカイロプラクティックの施術


カイロプラクティックの腰痛治療は、一般にボキッと音を矯正するのを想像する人達が多いのではないでしょうか?基本的に急性の腰痛などには、そのようなぼきぼきする方法をカイロプラクティックですることはない。また、急性腰痛に対してぼきぼきするような治療をする「カイロプラクティック」には、注意したほうがいいかもしれません。急性腰痛に対して「カイロプラクティック」では、ぼきぼきしない矯正方法で脊椎や骨盤の調整をします。「カイロプラクティック」にもソフトな治療法が用いられます。慢性の腰痛に対しては「カイロプラクティック」の矯正方法にもよりますがぼきぼきする調整をすることもあります。カイロプラクティックは、ボキッっとするやり方やボキボキしない治療法に関わらず背骨や骨盤を調整する為すごく効き目が高いので、腰痛で悩んでいるのでしたら一度「カイロプラクティック」の施術を受けてみることをおすすめします。
整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ→繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

側弯症とカイロプラクティックの矯正


側弯症ってなに?


「側彎症」は脊椎側弯症あるいは脊柱側弯症のように言われます。背骨は正常な状態であったならば正面あるいは背面から観察すると背骨は真っ直ぐのびている。しかし、側方(横方向)に曲がったり背骨が捻じれている事があり、このような脊椎を脊椎側弯症または側弯症を呼びます。側弯症は苦痛を伴うことはあまりないので早期発見はすごく困難で、ある程度成長してしまってから気付くことが多い。気づいた時には、すでに大きく曲がってきている事もあり、成長が続いている時は、ときどき脊椎の湾曲を調べて側弯症になっていないかを確認することが必要なんです。

側弯症の原因?


近頃では、「側弯症」を原因ごとに分けるようになってきています。「側弯症」には下記のような分類があります。

特発性側彎症


特発性側彎症とは、原因の分かっていない側弯症の総称です。この特発性側彎症側弯症の80-85%をしめている。成長期に「側弯症」は出現し、おおくが思春期に発現することから小学4年生くらいから中学校3年生までの間が特に注意が必要です。だいたい一対七の割合で女に多く特に初経前後の女性に多く発現し、瘦せ形の女子中学生でも発現しやすく、生活習慣は関係無いようです。脊椎の発育や成長がしなくなるまで進行し続ける傾向があることから、発症年齢が若く、残りの成長する時間が長いほど湾曲が大きくなる可能性が高く、一般に、骨成長が成熟期に達すると背骨の歪みがが早く進むことは無くなります。

胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)


胸郭不全症候群みたいな先天的または成長段階に生じた背骨の異常によって発症します。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)


脳(のう)や脊髄(せきずい)などの異常によって発現します。

筋原生側弯症(きんげんせいそくわんしょう)


筋肉の異常により理想的な姿勢を保持できないことで発現する。

外傷性側弯症(がいしょうせいそくわんしょう)


ケガをしたことで発現する。事故などで体に大きな力が加わったことが要因で脊椎が曲がってしまうことがあります。骨折や捻挫、それらの後遺症などによって脊椎が曲がり「側彎症」に発展します。

姿勢による側弯症


日常の姿勢で姿勢が悪いと「側弯症」になることがある。この側弯症は、脊椎の変形を伴うことが少ないみたいです。長い時間の良くない姿勢では、肋骨や脊椎が変形させていく事もありますが、特発性側弯症のような変形はしないようです。姿勢が要因で発症する「側弯症」は、整体の矯正や日頃の姿勢を正していることで治していくことができます。

側弯症の影響


脊椎が大きく湾曲する「側弯症」は、体に様々な影響を与えます外観の問題、内臓機能への悪影響、腰痛や肩こりなどみたいな痛みや不快な症状など。

見た目


脊椎が左右に歪むだけじゃなく、脊椎自体がねじれながら曲がるため徐々に肋骨も変形してきて凸側の肋骨が後ろに張りだすと、女の場合は乳房が左右が不均等になったり背中が出っ張るなど容姿に影響が現れる。このような身体や姿勢の変形により、羞恥心や劣等感など精神的に悪影響を与えることもあるようです。重度の「側弯症」では、子孫にも受け継がれるかもしれないと疑い結婚の壁になることもあります。

身体機能への側弯症の影響


胸部の圧迫と変形により起こる呼吸器障害・循環器障害など内臓面にも悪影響を及ぼします。症状が進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓など内臓を圧迫しさまざまな影響が出る。側弯症が70度を超えた場合は肺活量が極端に減り90度を超えると肺や心臓の機能にも大きく影響し平均余命が短くなると言われています。

凝りや痛み


腰椎は、肋骨がなくおもに筋肉と靭帯により支えられる為、胸椎よりも負担が大きい。また、椎間板への影響もあり、側湾が45度を超えると椎間板(ついかんばん)への負担が不均衡になり椎間板の痛み、腰痛の要因になる。脊椎の曲がりは、関節や骨格を支える靱帯、筋肉に負荷をかける為に、凝りや痛みの要因になります。急性の症状や慢性の痛みなどの色々な凝りや痛みの要因になるのですが、側弯症のなりはじめや軽度の「側彎症」では、痛みや凝りが出ることは少なく、だいたいの場合凝りや痛みが出るのは歪みがひどくなった重度の「側彎症」になってからみたいです。

側弯症の健康診断


日本では、乳幼児や学校の検診で側弯症の検査が行われており、1980年(昭和55年)頃よりモアレによる検診が普及して、早期の発見が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校健診の必須項目に加えられました。予防方法は確立されておらず早期発見によって非観血的治療をおこなうことに効果がるようです。非観血的治療には、整体やカイロプラクティックなどの民間療法もあります。しかし、整体やカイロプラクティックなどの背骨の治療を専門とする治療法でも「側弯症」にとても有効な予防法や治療は発見されていません。

側弯症の治療方法


一般の病院で行う側弯症の治療法は、装具による治療法と手術による治療にわけられます。

コルセットなどによる側彎症の治療


25度以上と診断を受けると、専用の装具などによる固定療法がおこなわれることがおおい。コルセットで曲がりが完全に完治することはないが、コルセットは多少は側弯症が進むのを遅くする為、手術をしなければならなくなったとしてもそのタイミングを遅らせる効果がある。しかし、装具を付けての生活は不便を伴う為、コルセットなどの装具の装着を途中でやめてしまう方達も数多く、現実的には、その効果を実感する方は少数です。また長い間装着することが必要になるが、側弯症の進行が止まる時期、つまり成長が止まるまで装着する必要があり、「側弯症」のコルセットでの治療方法はすごく根気がいるものになります。

手術による治療法


50度以上と診断されると、スクリューやロッドを挿入し脊椎を修正するする外科手術をおこなう。この場合も完全に治ることはない。外科の手術による側弯症の治療後は、背骨の動く範囲は減ってしまいます。また、「側弯症」の曲がりに伴い、肋骨の歪みがあり、その肋骨の曲がりの度合いによってよっては、肋骨の切除が必要な場合もあるようです。大きな手術になるため、体への負担を心配し手術をためらう人達もいるようです。

カイロプラクティックによる施術


背骨の矯正を専門とするカイロプラクティックには「側弯症」の人達が多数診察に来ます。カイロプラクティックでは昔から側弯症の治療を経験してきた歴史があります。しかし、いまだに全ての「側弯症」に効果的な治療方法は発見されていません。しかし、一部の「側弯症」に限ってはすごく効果的で改善がみられることがあるようです。注意したほうがいいのは、「「側彎症」を治します」とか「側湾症専門」などと、まるで側弯症が治る病気かのように宣伝す整体は、詐欺整体院かもしれません。カイロプラクティックの調整で改善する「側彎症」は、側弯症全ての一部のある条件がそろった「側弯症」のみ。側弯症が治るなどと気軽に言う治療院に通うのは考えた方がいいかも。そのことも考えたうえであればカイロプラクティックの矯正をを受けてみるのは良いことだと思います。
整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

閻ー逞・ 閻ー逞帙€∵紛菴・ 閻ー逞帙→謨エ菴・ 閻ー逞帙・豐サ逋ゅ→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞・ 謨エ菴薙→閻ー逞・ 謨エ菴薙・豐サ逋ゅ→閻ー逞・ 謨エ菴薙・閻ー逞帶イサ逋・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿

腰痛と整体


腰痛を治す整体


腰痛は、腰の痛みや炎症などを感じる状態を指します。大多数の腰痛はだいたい発症から数週間以内に改善されます。しかし、おおくの腰痛は再発を繰り返し、その中の何割かは生活に重大な支障をきたす重篤な状態になってしまいます。腰痛は、大きく分類すると急性の腰痛と慢性腰痛に分けることができます。急性の腰痛は急に痛くなるような「ギックリ腰」を含めて症状が出てたいして時間の過ぎていない腰痛です。慢性腰痛は長い間痛みや不快な状態が腰の部分に続く「腰痛」で症状の消失と発現を何度も繰り返しながら長い期間継続する場合もあるのです。一生の中で80パーセントほどの人が一度は、「腰痛」を体験するといわれている。

腰痛のタイプ


腰痛は急性腰痛と慢性腰痛という痛みが出てからの時間で分類されるだけではなく、もちろん原因によっても分類される。症状による腰痛の種類には、急性腰痛症(ぎっくり腰),腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などある。椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などの「腰痛」は、高齢者には普通に患う「腰痛」で、レントゲンやMRIなどの画像診断をすると、おおくの場合老人に見られますが、これらの腰の病変は高齢の方達の「腰痛」の要因ではないという話もあるみたいです。これは、手術などによってこれらの要因を取り除いても、「腰痛」が消失しないことが多い為である。緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜などに過大な力が掛かることで、筋肉や筋膜が緊張することで発症する「腰痛」になります。慢性腰痛は「腰痛」が3ヶ月以上持続する長期の「腰痛」です。原因がはっきりしない「腰痛」も多く、不安やストレスなどが原因の心理的な腰痛ではないかとも考えられる。急性の腰痛を長引かせて慢性腰痛に移行することもあります。

それ以外の腰痛


「腰痛」には、大きな病が潜んでいるばあいもあり緊急性が高く死ぬ可能性のある疾患もあります。緊急性が高く、致死性のとても高い腰痛の要因に大動脈解離腹部大動脈瘤、腎梗塞、急性膵炎、などがあげられます。とくに注意を要する腰痛には、脊椎感染症悪性腫瘍腹部感染症、などがあります。「腰痛」の要因になるこれらの疾病に関しては原因である病変を治さないかぎり「腰痛」が良くなることはない。腰痛症状の他にも症状がある方達は、腰痛以外の病があるかどうか調べてみることが必要になります。只の「腰痛」とたかをくくっていると命取りにもなりかねません。「腰痛」の種類によっては生命に係る恐ろしい腰痛もあるということを知っておく必要があります。

非特異的腰痛


精神的な要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。精神的な要因による腰痛は、要因がはっきりしない「腰痛」に関してときどき使われますしかし、MRIやレントゲンに要因が写らなかったからと言って精神的な原因だと言うのは違います。レントゲンやMRIにすべての原因が写ることは無く、逆にレントゲンやMRIに写らない要因の方がおおいことからも心因性腰痛だと判断されたからといって身体的な要因がないと楽観視することはできない。

腰痛と整体


「腰痛」の治療方法には、色々な方法が使われます。これは腰痛の原因がいろいろあるということだけでなく、決定的な治療法が無いことです。一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬物などを使用する治療と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。テーピングやコルセット。温熱療法や電気治療。マッサージや鍼治療。様々な方法が腰痛治療で用いられますが、その中でも最も効き目があると言われているのが、「整体」のような骨格矯正なんです。整体は脊椎や骨盤など体のバランスを整えることで腰痛を改善します。骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の主な要因になります。「整体」は「腰痛」の要因になる脊椎骨盤を調整します。

整体の腰痛の矯正方


整体」の腰痛治療は一般的にボキッって音を鳴らすのを想像する場合がおおいのではないですか?基本的には、急性の腰痛などには、そのようなボキボキする施術を「整体」ですることはありません。また、急性の腰痛に対してボキボキするような施術をする整体には気を付けた方がいいかもしれません。急性腰痛にたいして整体はぼきぼきしないやり方で脊椎骨盤の修正をします。「整体」にもやわらかい矯正法があるのです。慢性の腰痛にたいしては整体の施術にもよりますがボキッってする修正をすることもある。「整体」は、ぼきぼきする方法やボキッっとする治療に関係なく背骨や骨盤を治療する為すごく効き目が高いので「腰痛」で困っているなら一度「整体」の治療を受けてみることをお奨めします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の治療法


側弯症ってなに?


側弯症は、脊椎側弯症とか脊柱側弯症のようにいわれます。脊椎は理想の状態であれば正面あるいは背面から観察すると背骨は真っ直ぐに伸びています。しかし、横方向に彎曲したり、脊椎が捻じれていることがあり、このような背骨を脊椎側弯症または側弯症言う。側弯症は、痛みなどを伴うことはほとんど無いので早期での発見はすごく難しく、ある程度大きくなってから気づく事が多い。気が付いた頃には、もうすでに大きく歪んでしまっている場合もあり、成長が続いている時は、時々背骨の湾曲をチェックして「側彎症」なっているかを確かめることが必要なんです。

側弯症の原因?


最近では、「側弯症」を原因別に分類するようになっています。側弯症には、以下のような分類がある。

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)


特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)とは、原因不明の「側彎症」の通称である。この特発性側彎症「側弯症」の80-85%を占めている。成長する時に「側弯症」は発症し、多くが思春期に発症することから小学4年生くらいから中学3年生くらいまでが注意が必要。おおよそ1対7の割合で女性に多くその中でも初潮前後の女に多く発症し、瘦せ形の女子中学生でも発現しやすく、生活習慣は関係ないようです。身体の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、出現年齢が若く、残りの成長期が長いほど曲がりが大きくなる可能性が高く、一般に、骨成長が成熟期に達すると側弯が急速にひどくなることはなくなるようです。

胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)みたいな先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発現します。

神経原性側弯症


脳(のう)や脊髄の異常によって発現する。

筋原生側弯症


筋肉などのの異常により理想的な姿勢を保つことのできないことによって発現する。

外傷性側弯症


外傷を負ったことで発症します。事故などで身体に力が加わったことが要因で脊椎が歪んでしまうことがあります。捻挫や骨折、それらの後遺症などによって脊椎が歪み側弯症になったりします。

姿勢からくる側弯症


毎日の習慣で姿勢が悪いと側弯症になってしまうことがあったりします。この「側彎症」は、背骨の脊椎の変形をともなうことは少数です。長期間にわたる良くない姿勢は肋骨や脊椎が変形させていく事もありますが、特発性側弯症のような変形のしかたはしない。姿勢が原因で発生する「側弯症」は、整体の矯正や日常の姿勢を良いしせいでいることで治すことが可能です。

体に影響する側弯症


背骨が曲がる「側彎症」は、全身に様々な影響を与えます見た目上の問題、身体活動への悪影響、肩こりや腰痛などの不快な症状や痛みなど…。

外見上の問題


脊椎が横に歪むだけじゃなく、椎体自体がねじれながら曲がるためだんだん肋骨も変形してきて凸側の肋骨が後ろに出っ張りだすと女性の場合は乳房が不均等になったり背中が出っ張るなど外見に影響が出たりする。それらの背骨や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など精神的影響を与えることもある。重度の側弯症の場合には、その子の子供にも遺伝するかもしれないと心配して結婚の障害になる場合もあります。

肉体への側弯症の影響


肺の圧迫と変形からくる循環器障害・呼吸器障害など内臓面にも影響を及ぼす。側弯症が進むと凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓などの内臓を圧迫することで影響が出る。側湾が70度を超えたときは肺活量が極端に減少し、90度を超えると肺や心臓の機能にも大きく影響し平均余命が短くなると言われる。

側湾による痛みや凝り


腰椎(ようつい)は肋骨がなくおもに筋肉と靭帯により支えられるため、胸椎よりも負担が大きい。また、椎間板への影響もあり、側弯が45度を超えると椎間板への負担が左右不均衡になり椎間板の痛み、腰の痛みの要因になります。背骨の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉・靱帯に負荷をかける為に、痛みや凝りの要因になるようです。急性の症状や慢性の症状など様々な痛みや凝りの要因になるのですが、「側弯症」の初期や軽度の「側弯症」では、凝りや痛みが出ることは多くなく、多くの場合凝りや痛みが出現するのは曲がりが悪化した重度の「側彎症」になってからみたいです。

側弯症の検査


日本は、幼児や学校の検診で側弯症の検査がおこなわれており、1980年頃よりモアレによる検診が普及して、早期発見ができるようになった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診(家庭で評価ののち学校医による視触診が実施され総合判定)が学校健診の必須項目になりました。予防の方法は確立されておらず早期の発見に非観血的治療を行うことに利点があるようです。保存的治療には、整体やカイロプラクティックのような手技療法もあります。しかし、整体やカイロプラクティックなどの脊椎・骨盤の矯正を専門とする治療法でも側弯症にとても有効な予防や治療は発見されていないようです。

側弯症の治療


一般医療でされる側弯症の治療は、コルセットなどによる治療方法と手術をする治療にの二種類にわけられます。

装具などによる側弯症の治療


25度以上と診断を受けてしまうと専用の装具などによる維持療法がおこなわれることが多い。コルセットのような装具で湾曲が完治することはないが、コルセットなどの装具は多少は側弯症の進行を遅らせるため、手術となったとしてもその時期を遅らせることができる。しかし、装具を付けての日常生活は苦痛を伴う為、装具の着用をやめてしまう人も数多く、実際には、効果を感じる人はわずかです。また長期装着することが重要であるが「側彎症」の進行が終わる時期、つまり成長期が終わるまで着用する必要があり、「側弯症」の装具での治療方法はすごく根気が必要なものになる。

手術による治療方法


50度以上と判断されるとロッドやスクリューを挿入して脊椎を治療するする手術をおこなう。この場合も完全に治ることはありません。外科の手術による側弯症の治療の後は、脊椎の可動域は減ってしまいます。また、「側彎症」の曲がりに伴い、肋骨の歪みがあり、肋骨の曲がりの度合いによってよっては、肋骨の切除が必要な場合もあるようです。大きな手術になるので、体への影響を心配し手術をためらう人もいるみたいです。

整体の側弯症の矯正


骨の矯正を主とする整体は側弯症の方達が沢山訪れます。整体は古くから側弯症の治療を考えてきた歴史がある。しかし、最近でも全ての「側弯症」に特に有効な治療は確立されていません。だが、一部の「側弯症」に限ってはすごく効果的で改善がみられる事があるようです。気を付けた方がいいのは、「側弯症を治します」とか「側湾症専門」などと、あたかも側弯症が簡単に治る病気のように宣伝す整体は、詐欺みたいな治療院かも!整体の矯正で良くなる「側彎症」は、側弯症全ての一部のある条件が整った側弯症のみです。側弯症が良くなるなどと簡単に言う治療院に通うのは考えた方がいいかも。そのことも考えたうえであれば整体の手技をを受けてみるのはいいと思います。

整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体

O脚矯正と整体院

O脚矯正(」オーキャク矯正)


O脚の矯正


女性の脚の悩みで最も多いのがO脚ですが、このO脚が日本の女の子達に多いことを知っている人は少ない女の方でO脚を気にしている方達は、たくさんいると思うのですが、今では男性もO脚を気にして治療を受けにくることの多いようです。O脚のように湾曲した脚は外見が悪く脚が太く見られます。夏など脚を露出することの多い女性には、見た目の悪さが大問題になるようです。見た目だけでなく、O脚は、肩凝り、腰痛、便秘、脚のむくみ、生理痛、頭痛などの疾病の原因になってしまう場合もあり、将来膝の変形をきたし膝が曲がらない、膝に水が溜まる、膝関節の痛みで歩けない、などの症状で苦労することになるかもしれません。

O脚の原因は?の原因


O脚の要因には先天的なものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。先天性のものは、遺伝子により受け継がれたものです。後天性のものは、習慣などによって脚の骨がすこしずつ歪んできてしまったものです。イスに座る時の癖や歩き方の癖などで脚の関節が歪みます。特に成長期の骨が大きく伸びる期間の影響力は大きく、多くの場合、成長する時にO脚になります。また、O脚は、高齢になって筋肉や骨が弱まってくると急速にO脚の歪みが悪化してくる場合が多く、これは膝が年齢と共に変形してくるのが原因になります。

O脚って真っ直ぐにな?


以前は、O脚の原因は解っていなくて一度O脚になってしまったら真っ直ぐになれないと言われていましたが、近頃ではO脚の大部分は改善することが解ってきました。湾曲してしまった骨格は真っ直ぐに伸ばすことはできませんが、膝関節、股関節、骨盤などの関節を修正することによってO脚を真っ直ぐに近づけるように調整することが可能です。O脚で悩んでいるのでしたら一回O脚矯正受診してみるのもいいですよ。

整体とO脚


O脚の治療で最も効果があるのが整体です。整体は背骨と骨盤を矯正する治療法で、当然脚の矯正の専門家でもあります。整体でおこなうO脚矯正は、股関節、骨盤足首の関節、膝関節などをいろいろな方法で治療することでO脚になった脚を真っ直ぐに修正していきます。O脚の状態によっては機械を用いることもありますが、だいたい手によって調整します。整体のO脚矯正は、一回目から違いが出ることが多く、有効なのがわかります。ただし、整体のO脚矯正といっても整体院ごとに調整法が違い、とこの治療院でも同じ治療ができる訳ではない。整体は手技療法です。整体師の力量に差があります。しっかり調べてからいってみるのがいいと思います。O脚矯正をしている整体院でもホームページなどに治したO脚の画像を載せていない整体院などは行くのを一度考えた方がいい場合もあります。O脚の矯正の実績がない治療院かも…。危険なのが最初から高額な回数券をすすめたり、カードローンなどをすすめてくる所も考えなおした方がいいかも。最初の何回かはようすを見るために回数券やローンを組まずにいた方がいいですね。

O脚を改善しよう


O脚は歳をとると膝の痛みだけでなく全身に悪影響を及ぼします。治療するなら早く矯正しないとO脚の治療自体が困難になります。整体の施術方法で改善できると言っても、膝関節や股関節の変形が進行してからではどうにもできません。O脚に気付いたらなるべく早く治療することをおススメします。整体が効果的といっても限度がるので治らなくなってからは手遅れになります。O脚を治したいのであれば一回整体にいってみることをおススメします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

骨盤矯正とカイロプラクティック


骨盤矯正


昨今は骨盤矯正というのをテレビ、週刊誌、ネットで見ることが多くなってきました。「骨盤矯正」は、なんなのかわかっている人は少ない。骨盤矯正はどんなものなのか説明してみます。骨盤矯正のことを知り間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の尖端につながる尾骨からなっています。整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の修正はしません。なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤は歪まないと思われていて骨盤がふんだんの生活でズレてそのズレが身体機能の不調の原因になるようなことはありえないと考えているからなのです。(だが一部の整形外科で骨盤の矯正を独自のやり方で行っている整形外科もわずかですがあります)。例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い力が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元の状態に戻す為に骨盤を矯正する場合がある。この場合は、手術のようなかたちで骨盤の治療をおこなうことが多いようです。また産科では、産後に骨盤の関節の不安定性を改善するように骨盤を締め付けて安定させるベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのでしょうか?


病院の医療では骨盤は歪まないとされており「カイロプラクティック」などの手技療法では骨盤はズレるといわれいったいどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いがでるのかを説明してみます。まずは、カイロプラクティックで言う「骨盤」がズレると言うのは、病院などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像でわかるような大きなズレは扱うことはありません。

一般の医療では?


婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像診断で見ることのできないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の原因になることはないと考えています。その他にも骨盤の可動性はわずかで例外的なのは出産の時に動くくらい。歳をとると腸骨と仙骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常では動かないと思われているみたいです。

骨盤の矯正とカイロプラクティック


カイロプラクティックで行う骨盤矯正は、普段の施術で骨盤の少しのズレを施術した直後に患者の痛みが改善されるのを経験します。実際骨盤の骨盤の周辺には筋肉、神経、靱帯が存在してちょっとの歪みでも靱帯、神経、筋肉を刺激してしまいます。レントゲンやMRIのような写真で歪みが認められない場合でも骨盤が歪んでいて、そのひずみを修正する必要があると「カイロプラクティック」で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい


ズレた骨盤は、さまざまな不調を体に出現させます。骨盤がズレると「骨盤」に乗っている脊椎が歪みます。脊椎が歪むと脊椎の中の血管や神経、体を保持する靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても体に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨が湾曲すると脊椎より出ている神経の機能が障害されます。内臓機能の異常や運動器官の障害など身体のいろいろな部分が神経で操られているのですべての身体の障害に関連してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


ひずんだ身体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負荷がかかってくる為、凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良


肉体の曲がりによって血管を圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になります。

カイロプラクティックと骨盤矯正


手技療法などによる「カイロプラクティック」の骨盤矯正は、おおくの場合手によってされます。矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もありますが、一般的には手でおこないます。また、コルセットのような「骨盤」を締め付けるような道具も用いる場合もあります。一般的に矯正の痛みをともなわないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に調整をする方法を使う施術師もいる。正常な「骨盤」の場合、骨盤の関節の動きはすごく狭く大きく可動することは無い。この少ない動きを治療により動かすので、通常大きな力を必要とすることはありません。

カイロプラクティックで行っている骨盤矯正


骨盤の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできない。「骨盤が開いているから、「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをネット、テレビ、雑誌などで見られますが、騙されないように。骨盤にどれほど力をかけても眼で見て分かるだけの動きはしない。こんな宣伝をするカイロプラクティックでは、骨盤の上に乗るなど強い力を加えて調整します。強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人達もいるようですが、目に見えて分かるほど動いたときは骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を壊してしまいます。治療した後に変化したと感じる人達もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変わったような気になっているだけなんです。「骨盤」の仙腸関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが自覚できるほど可動していることはない。かりに見た目で違いが分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが生じているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正


例外的に骨盤が、通常以上に可動する場合があります。それは、出産時です。出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで「骨盤」が広がるように可動しやすくなる。出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では「骨盤」の恥骨の関節は柔軟性はない。出産の時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、眼で見て分かるほど矯正で大きく可動することはない。歯列矯正のように数年間にわたって力をかけるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理があります。

骨盤矯正をしよう!


カイロプラクティックでする「骨盤矯正」は体形などを変えるものでなく肉体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的なんです。「骨盤」の仙腸関節は、小さなひずみでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の少しの歪みを体全体を歪ませ健康に影響を与えます。骨盤を治して身体をバランスがとれた理想の状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを解消します。もし骨盤がズレているとおもうのであれば「骨盤矯正」を受けてみるのもいいとおもいます。骨盤は体の基礎です。「骨盤」が傾けば背骨が傾きます。健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティックの治療はとても有効な助けになる。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

頭痛とカイロプラクティックの矯正

頭痛(ずつう)


頭痛とは、頭に出る痛みのなかで表面痛ではない痛みです!様々な種類の痛みを含んだ幅広い症状の概念なのです!普通にある症状ですある一方、頭痛(ずつう)を主症状とする致命的な疾患もあり、他方で要因が特定できない場合も多いようです!要因はさまざまと言われますが基本的に大多数の頭痛(ずつう)の原因は一つとと言われているようです!日本人の3~4人に1人が頭痛持ちだといわれているようですi男より女の方が頭痛(ずつう)の症状をうったえることが多く筋緊張性頭痛の8割、片頭痛の8割が女のようです!

頭痛の分類


頭痛(ずつう)は大きく、基礎疾患の無い一次性頭痛と、別の疾患による二次性頭痛に分けられるようです!

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)


緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)がが発病する要因としては、肉体的ストレスや筋肉の緊張などが複雑に絡みあっていると考えられている。

片頭痛


片頭痛(へんずつう)」は「偏頭痛」とも書いて、「へんずつう」または「へんとうつう」と呼ぶ!朝から痛みを感じる場合や、太陽の光などを受けて痛みが発現した場合は片頭痛の可能性が高いみたいです。「片頭痛(へんずつう)」は激しく体を動かした後や緊張が解けた時お休みの日にも起こりやすいと言われています!また片頭痛で悩む人の約1割で前兆現象がみられるようです!「片頭痛(へんずつう)」の発症メカニズムについてはいまだ分からない所もあるが、有力な説としては「神経血管説」と「セロトニン説」のの2つがあります。その他にも遺伝の要因もあるのではと考えられているようです。「片頭痛(へんずつう)」は、血管による拍動性の痛みで、女性に多く発生ししばしば家族性である!

群発頭痛(ぐんぱつせいずつう)


発生メカニズムについては、まだわからない点が多いが、頭の血管の拡張が関わっているのではないかと考えられているようです。群発頭痛の最大の特徴は3~4年に数回ほど、1ヶ月~3ヶ月間の「群発期」に毎日同じ時間に発生する場合が多いとのことです!

頭痛の予防と治療

基本的には頭痛(ずつう)の治療は薬による対症療法が行われることが多いみたいです!頭痛を引き起こす原因が生活習慣にある場合は、それらを改善することもすすめられています。カイロプラクティックなども頭痛をにとても有効性があると考えられているようです!頭痛をの多くは、頭の血管が関連しているためカイロプラクティックの背骨の矯正が頸椎の血管の圧迫を改善し頭痛をを改善すると考えられているようです!

カイロプラクティックと頭痛


一般的に頭痛(ずつう)の治療法といえば通常薬による治療法が一般的だと思いますが薬以外にもカイロプラクティックなど手技療法も頭痛の有j工な治療法の一つです。カイロプラクティックは頭痛要因になる頸椎の歪みによる頸椎の血管の圧迫を頸椎を整えることで血管の圧迫を取り除き頭痛(ずつう)を改善します!カイロプラクティックの施術で治る頭痛は多く、筋緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛、のいずれも治った例がたくさんあります。頭痛(ずつう)、緊張型頭痛、片頭痛(へんずつう)、群発性頭痛、でお悩みなら、一度カイロプラクティックの矯正を受けてみるのもいいでしょう。頭痛(ずつう)、筋緊張型頭痛、片頭痛(へんずつう)、群発性頭痛、でお悩みならカイロプラクティックの治療がおススメです。
カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

X脚矯正とカイロプラクティック院

X脚矯正(エックスキャク矯正)と整体


X脚矯正


日本の女性の下半身の悩みでO脚の次におおい下半身の悩みがX脚なんです。日本人にとてもおおいO脚と違いX脚の人は少数なので知らない人もいるのではないでしょうか?X脚とは、脚をそろえて立つと足首や踵の間が開いてしまい、XのようになってしまうことからX脚と呼ばれています。X脚はルックス的に変なだけでなく、肉体的にもかなり影響を与えます。また、歩く時や走る時にも不利な面があり、X脚の人は早急に修正することをおススメします。X脚の歩き方や走り方は特徴的で、膝どうしが触りやすく両脚が絡んでつまづきやすい。左右の膝が当たって転ぶのを防止するために両脚を左右に開いて着地するので身体が左右に大きく揺れた歩行の仕方や走り方になるのです。X脚の人は、歩行の仕方が変だとか走り方が奇妙だとか言われて、整体院に来院して初めてX脚だと気づくことも多い。人目を気にする方には、このように揺れて歩くX脚の歩き方はすごくマイナスです。歩行の仕方が変だとか、平な所で転倒するなどする方は、X脚の可能性があります。一度脚がX脚か確認してみることをお奨めします。X脚じゃないと思っていてもよくよく見てみるとX脚になっているかもしれませんよ。

X脚の要因?


X脚の原因には先天的な(遺伝的な)ものと、後天的な(後から身につける)ものが、あります。先天的なものは遺伝によって受け継がれたものです。後天的なものは、生活習慣によって脚が徐々に歪んできたものです。床やイスに座る時のくせや歩き方の癖などで股関節や膝関節が歪みます。成長する時期の身長が大きく伸びる時期の影響は大きく、多くの場合、成長する時にX脚になります。また、X脚は、中年以降、筋肉や骨が弱まってくると急激に膝の歪みがひどくなることがおおく、これは膝が歳をとると共に大きく変形するのが原因になります。

X脚って改善できるの?


以前は、X脚の原因は分かっていなくて一回X脚になってしまったら治らないと思われていましたが、近頃では、X脚の多くは改善することが知られるようになりました。変形してしまった骨は真っ直ぐにすることはできませんが、膝関節、股関節、骨盤などの骨格を調整することによってX脚を真っ直ぐに近付けるように調整することができます。X脚で悩んでいるのでしたら一度X脚矯正を受けてみるのもいいと思います。

整体とX脚矯正


X脚の治療で効果的なのがカイロプラクティックです。カイロプラクティックは骨格を矯正する施術法でもちろん脚の関節の治療のプロでもあります。カイロプラクティックでのX脚矯正では、股関節、骨盤足首の関節、膝関節などを色々な方法で調整することによってX脚になった脚を真っ直ぐに調整していきます。X脚の状況によっては道具を使うこともありますが、だいたい手技療法によって修正していきます。カイロプラクティックのX脚矯正は、一回目から効果が出ることが多く、すごく効果的なのが分かります。ただ、カイロプラクティックのX脚矯正といってもカイロプラクティックごとに調整方法が違い、とこの整体院でも同じような矯正ができる訳ではないのです。カイロプラクティックは技術職です。治療師の力量に大きな差があります。ちゃんと調べてから行くのがいいと思います。X脚矯正をおこなっている整体院でもホームページなどに治したX脚の写真を掲載していないカイロプラクティックとかは行くのを一度考えた方がいい場合もあります。X脚の矯正の実績がないカイロプラクティックかもしれません。それから危険なのが、初めから高額な回数券をススメてきたり、カードローンをススメてくる所も考えた方がいいかもしれませんね。初めの何回かは様子を見る為に、回数券やローンを組まずに通った方がいいと思います。

X脚を治そう


X脚は将来膝の痛みだけでなく全身に悪影響を及ぼすものです。改善するにも早く(若いうちに)矯正しないとX脚の治療自体が難しくなります。カイロプラクティックの矯正で改善できるといっても、股関節や膝などの変形が進行してからではどーしようもありません。X脚に気づいたら早急に矯正することをおススメします。カイロプラクティックが効果的と言っても限界があるので、治らなくなってからでは遅すぎます。X脚を治したいのであれば一回カイロプラクティックにいってみることをおすすめします。

整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体

整体で改善する頭痛

頭痛


頭痛は頭に発生する痛みの中で表面に生じる痛みでないものです!色々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念なのです。ありふれた症状である他方頭の痛みを主症状とする致命的な疾患もあって他方で要因が分からないことも多くあります。要因はいろいろといわれますが基本的には、ほとんどの頭痛(ずつう)の原因はひとつとされているようです!日本人の3~4人に1人が「頭痛持ち」だといわれていますi男より女のほうが頭痛(ずつう)をうったえることが多く筋緊張性頭痛の8割、片頭痛の8割が女性ということです。

頭痛(ずつう)の分類


頭痛は大きく、基礎疾患の無い一次性頭痛と、別の原因疾患による二次性頭痛に分けられるようです。

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)


緊張型頭痛がが発病する原因としては、肉体的ストレスや筋肉などの緊張などが複雑に絡みあっていると考えられている。

片頭痛(へんずつう)


片頭痛(へんずつう)は「偏頭痛」とも書いて、「へんずつう」又は「へんとうつう」と呼ぶ。朝起きた時から頭痛を自覚する時や、太陽の光などを受けて頭痛が発現した場合は「片頭痛(へんずつう)」の可能性が高いようです。片頭痛(へんずつう)は激しい運動の後や緊張がとけてほっとした時、休日などにも起こりやすいと言われています!片頭痛の人の約1割で前兆がみられるようです。「片頭痛」の発生メカニズムについては、いまだに解明されていない部分もあるが、有力な説には神経血管説とセロトニン説のの2種類があるようです。その他にも遺伝の関係もあると考えられている。片頭痛は、血管の拍動性の痛みで若い女の子に多く発生し、しばしば家族性だということです!

「群発頭痛」


発生メカニズムについては、未だ解らない点が多いが、頭部の血管の拡張が関わっている可能性があるのではないかと考えられているようです。群発頭痛の最大の特徴は3~4年に数回程度、1ヶ月~3ヶ月間の「群発期」に毎日同じ時間に発生することが多いとのことです。

頭痛の治療と予防

基本的には頭痛の治療は、薬による対症療法が行われることが多いとのことです!頭痛を引き起こす原因が生活習慣にある場合は、それらを取り除くことも推奨されています。整体なども頭痛をにとても効果的だと考えられているようです。頭痛を大多数は脳の血管が関連しているため整体の背骨の矯正が頸椎の血管の圧迫を改善し頭痛を治すと考えられているようです。

頭痛と整体


一般的に頭痛の治療といえば通常薬による治療が普通だと思いますが薬以外にも整体などの治療法も頭痛(ずつう)の効果的な治療の一つです。整体は頭痛(ずつう)要因になる首の歪みによる頸椎の血管の圧迫を首の骨を調整することによって血管の圧迫を取り除き頭痛(ずつう)を治します!整体の治療で治る頭痛は多く、緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛、のいずれも治った例がたくさんあります!頭痛(ずつう)、筋緊張型頭痛、片頭痛(へんずつう)、群発性頭痛、などでお悩みなら、一回整体の治療を体験してみるのもいいのではないでしょうか。頭痛(ずつう)、筋緊張型頭痛片頭痛(へんずつう)、群発性頭痛、でお悩みなら整体の治療がお薦めです!
整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体