鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市南区、骨盤矯正

【マジ?】本当は実在しない雑学10選


ランボルギーニ カウンタック アニバーサリー レプリカ 中古で買ったら、点検してから走らせないと…。 Lamborghini Countach


【ゆっくり解説】頭がおかしい…酷いいたずらが原因で起きた最悪の出来事


【読解力の低下】理論展開が理解できないスマホしか扱えない人達。 パソコンを使える人達との間で広がる知識格差。 だから僕は語る対象と話し方を変えた


【ゆっくり解説】歩きスマホする女性がエレベーターに乗るも、致命的なミスのため大ケガを負いました


【2ch修羅場スレ】【伝説】冗談で夫に離婚届渡したら現実になった



整体の骨盤矯正


「骨盤矯正」


近頃では骨盤矯正という言葉をテレビや週刊誌やネットなどで見かけることが多くなりました。 骨盤矯正は、どんなものなのかわかっている方達は少数です。 骨盤矯正はどんなものなのか解説してみる。 「骨盤矯正」のことを理解して間違い無い骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先っぽにつながる尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療では普通骨盤の修正はしません。 なぜでしょうか?普通の整形外科では骨盤は歪まないと思っていて「骨盤」が普段の生活で歪み、それが体の不調の要因になったりすることは無いと考えているからです。 (だがしかし一部の整形外科では骨盤の治療を独自の方法でやっている整形外科も少ないながらもある)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレた時(骨盤の関節の捻挫、脱臼のような状態)、元の状態に戻すように「骨盤」を調整することがある。 この場合、外科手術で「骨盤」の治療をおこなうことが多いようです。 また産科では、出産後に「骨盤」の関節の緩みを改善するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院がある。

骨盤はズレるのか?


病院の医療で骨盤は歪まないとされていて「整体」などでは骨盤はズレると考えられていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそんな考え方の違いが出るのかを説明してしてみたいと思います。 まず、整体で言う骨盤がズレると言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像診断でわかるようなひどい歪みは扱うことはありません。

一般の医療では?


整形外科などの医療ではレントゲン写真などの画像で分からないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の要因になりえないと考えているのです。 それ以外にも骨盤の可動性は少しで例外的に出産するときに可動するくらい。 中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまう為、骨盤は通常では可動することは無いと思っているみたいです。

整体では?


手技療法でおこなう「骨盤矯正」では、普段の治療で「骨盤」の少しのひずみを調整したのちに症状が良くなるのを経験しています。 現実に「骨盤」の関節の周りには筋肉、靱帯、神経がありすこしのズレでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激する。 MRIやレントゲンのような画像診断でズレが見られない場合でも骨盤がひずんでいてその骨盤を調整する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる


ひずんだ「骨盤」は、さまざまな不調などを肉体にもたらします。 骨盤が歪むと骨盤に乗る背骨がズレます。 背骨がひずむと背骨の中を通る神経や、肉体を保筋肉や靱帯、全身に酸素や栄養を送る血管などに負担がかかります。 これらは、どれをとっても体にとってすごく重要なものでどれか一つが障害されても体に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨がひずむと脊椎から出ている神経機能が障害されます。 内臓の障害や運動機能の障害など身体の様々な部分が神経でコントロールされているので、すべての肉体の異常に関わってきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担


ズレた肉体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかる為、凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良


身体の歪みによって血管を圧迫すつことで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの要因なってしまう。

整体と骨盤矯正


民間療法などの整体の「骨盤矯正」は、主に手によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手でおこないます。 また、コルセットのような骨盤を固定する道具も用いる事もある。 一般的に調整の痛みは伴わないのが普通のようですが、中にはすごく強い力で無理に施術をする方法を使用する施術師もいます。 普通の骨盤の場合は、骨盤の関節の可動域はとても狭く大きく可動することはありません。 このわずかな可動域を矯正で可動させるので基本的に大きな力を使うことはありません。

整体でおこなっている骨盤矯正


「骨盤」の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできない。 「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことを雑誌、ネット、テレビで見かけますが、騙されないように。 骨盤にどれほど力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしません。 こんな宣伝をする整体では「骨盤」の上に乗っかるなどして大きな力を加えるなどして施術します。 大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える人もいると思いますが、目に見えて分かるほど動いた場合は「骨盤」の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。 治療した後に変化したと感じる人達もいるようですが、勘違いみたいなもので変わったような気になっているだけなんです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて違いが分かるほど可動していることはない。 仮に見た目で違いが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、腸骨と仙骨の間の関節の強い痛みが発生しているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?


例外として骨盤が普通異常に可動する場合がある。 それは、出産時です。 出産時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで「骨盤」が広がるように可動しやすくなったりします。 出産の時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では「骨盤」の関節は柔軟性はありません。 出産の時でもそんなに大きく可動しない「骨盤」が、見た目で分かるほど治療で大きく動くことはない。 歯列矯正のように数年間にわたって常に力をかけるようなコルセットなどを使えば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!


「整体」でする「骨盤矯正」は、体形などを変えるものでなく肉体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的です。 骨盤の仙腸関節は、わずかなズレでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤のちょっとの歪みを身体全体を歪ませ健康に影響を与えます。 「骨盤」を治して体をバランスがとれた良い状態に保持することで健康を保って痛みや凝りを解消します。 もし骨盤が曲がっているとおもうのであれば骨盤矯正を受けてみるのもいいとおもいます。 「骨盤」は肉体の基礎です。 骨盤が歪めば身体全体が傾きます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療はすごく効果的な手助けになる。
磐田市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です