鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

カイロプラクティック

世界王者のダイナマイト片輪ドリフト world champion dynamite single-wheel drift


小さなミサイルはどのように戦車を破壊するのか?【日本軍事情報】


【漫画】豊臣家の結末~末裔たちはどう生きた~【日本史マンガ動画】


飛んでイスタンブール / 庄野真代


【ゆっくり解説】その轟音で鼓膜が破れる 人類の歴史に残る最大の爆発音を記録したクラカタウの噴火


電子レンジ|物理的仕組みを解説



カイロプラクティックの骨盤矯正


骨盤矯正


最近「骨盤矯正」と言うものを週刊誌やテレビで見かけることが増えました。 「骨盤矯正」は、どのようなものなのか解っている人達は少ない。 骨盤矯正はどのようなものか解説してみます。 骨盤矯正のことを理解し間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先につながる尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療は一般的に骨盤の治療はしません。 なぜか?一般の病院では骨盤は歪まないと考えていて骨盤が日常生活で歪み、そのズレが身体の不調の要因になることは無いと考えているからなのです。 (だがしかし一部の整形外科で骨盤の修正を独自にしている整形外科もわずかですがあります)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な負荷が骨盤に加わり「骨盤」の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元の状態に戻すように骨盤を修正することがあります。 この場合は、手術のようなかたちで骨盤の調整をすることが多い。 また産科では、産後に骨盤の関節の緩みを治すように「骨盤」を閉めつけて固定するベルトのような装具を奨める病院があります。  

骨盤はズレるのでしょうか?


病院などの一般の医療では「骨盤」は歪まないとされており「カイロプラクティック」などの民間療法では骨盤はズレると言われ、どっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。 まずは、「カイロプラクティック」で言う骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像で見て分かるような大きな歪みは扱いません。

病院では?


婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできない程度のズレは痛みなど身体の不調の要因にはならないと考えます。 それ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的に出産の時に開く程度。 歳をとると腸骨と仙骨はほぼくっついてしまうため骨盤は通常動かないと思われているみたいです。

カイロプラクティックでは?


カイロプラクティックでおこなわれている骨盤矯正では、普段の施術で「骨盤」の微妙な歪みを調整した結果患者の痛みが無くなるのを見ています。 実際骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯などがあり微妙なズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激します。 レントゲンなどの写真で歪みが写らなくても骨盤がズレていてその歪みを矯正する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい


歪んだ骨盤は、色々な痛みなどを肉体に出現させます。 骨盤がズレると骨盤に乗る脊椎が歪みます。 背骨がズレると背骨の中に入っている血管や神経、体を支える靱帯や筋肉、全身に栄養や酸素を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、どれも身体にとってすごく重要なものでどれが障害されても身体に障害が起こります。

骨盤が原因の神経圧迫


脊椎がひずむと脊椎より出る神経の伝達が障害されます。 内臓機能の障害や運動機能の障害など体のさまざまな部分が神経の命令でコントロールされているので、すべての体の異常に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担


歪んだ身体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかってくる為、凝りや痛みなどの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良


身体の曲がりによって血管などを圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になる。

カイロプラクティックの骨盤矯正


民間療法などの「カイロプラクティック」の骨盤矯正では、おおくの場合手によっておこなわれます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用することもあるようではあるが、一般的には手でします。 また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する器具も使う事もある。 一般に治療の痛みをともなわないのが普通なのですが、その中にはとても強い力で無理に治療を行う方法を使う整体師もいます。 正常な骨盤の場合、「骨盤」の仙腸関節の可動域は凄く狭く大きく動くことはない。 このすくない動きを治療によって可動させるので通常は強い力を使うことはない。

カイロプラクティックの骨盤矯正の現実


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできないのです。 「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、ネット、雑誌などで見ますが、騙されないで下さい。 「骨盤」にどれほど力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしない。 こんな広告をする「カイロプラクティック」は骨盤の上に乗るなど大きな力を加えるなどして施術します。 すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う方達もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど可動した場合は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまう為、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。 治療前と治療後で変わったと感じる人達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変わったような気になっているだけなんです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で変化が自覚できるほど可動していることはないのです。 仮に目に見えて動きが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、関節の痛みが出現しているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?


例外的に「骨盤」が普通異常に可動する場合があります。 それは、出産時です。 出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節が緩んで骨盤が広がるように動きやすくなります。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性はない。 出産時でも決して大きく広がらない「骨盤」が、外見で分かるほど治療で大きく動くことはない。 歯の矯正のように数年間にわたって常に力を加え続けるような骨盤ベルトなど使えば少しずつですが動かしていくことは可能でよしょうが現実では無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!


カイロプラクティックで行われている「骨盤矯正」は、体形を変化させるものでなく体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的なんです。 骨盤の仙腸関節は、わずかな歪みでも痛みを発症することもありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。 骨盤を修正して体をバランスのとれた理想的な状態に保つことで、健康を保って凝りや痛みを治します。 もしも骨盤が曲がっているとおもうのであれば「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。 骨盤は肉体の土台です。 骨盤が傾けば背骨が傾きます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティック矯正はとても有効な手助けになる。
浜松市東区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です