鬪ィ逶、遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 謨エ菴薙€・ェィ逶、遏ッ豁」

浜松市中区、整体

【今年、最初の…】雪の華 / 中島美嘉(フル歌詞付き / Covered by Macro Stereo & Elmon)


【装甲騎兵ボトムズ】バーグラリードッグ【機体解説動画】


【実話】国会議員の特権。 毎月100万円支給される風○用の100万円…使用用途不明の「文書通信交通滞在費」に立法コンサルタントがメス


【ひろゆき】このタイプの人は確実に落としますね。 面接官って実は●●を一番見てるんですよね。 ひろゆきが面接官になったら採用する人材・サービス残業・ITについて語る【ひろゆき切り抜き/論破】


ロシア海軍唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ級重航空巡洋艦」 事故や火災で大規模修理中 → 2022年に海上復帰予定


【ゆっくり解説】マジで最強!? 世界の伝説の生物7選



整体の骨盤矯正


骨盤矯正


近頃は骨盤矯正という言葉をネットや週刊誌で見かけることが多くなりました。 骨盤矯正とはどんなものなのか分かっている方達は多くない。 骨盤矯正はどんなものなのか解説してみます。 骨盤矯正のことを理解し間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


骨盤は、左右一対の腸骨とその中間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の尖端に付いている尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の施術はおこないません。 なぜか?整形外科では骨盤はズレないと考えていて「骨盤」が日常生活でズレてその歪みが身体機能の異常の要因になってしまうことはありえないと考えているからです。 (しかしある一部の整形外科では「骨盤」の治療を独自のやり方で行っている病院も少ないながらもあります)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強い力が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元の状態に戻すように骨盤を矯正する場合があります。 この場合は、手術によって骨盤の修正を行うことが多いみたいです。 また産科では、出産後に「骨盤」の関節のズレを修正するように「骨盤」を閉めつけて安定させる骨盤ベルトのようなものをすすめる病院があります。  

骨盤はズレるのでしょうか?


一般の医療で骨盤はズレないとされていて「整体」などでは骨盤は歪むと考えていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような違いが出るのかを解説してみます。 まずは、「整体」で言う「骨盤」がズレると言うのは、病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像でわかるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?


整形外科などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできない程度のズレは痛みなど身体の不調の原因になることは無いと考えます。 それ以外にも「骨盤」の可動性は少なく例外的なのは出産の時に開くくらい。 歳をとると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので「骨盤」は通常動きが無いと考えらているようです。

整体では?


整体でおこなわれている骨盤矯正は、普段の施術で骨盤のわずかなズレを調整したことで患者の症状が無くなるのを体験します。 実際骨盤の骨盤の周辺には筋肉、神経、靱帯がありわずかなひずみでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激してしまいます。 レントゲンやMRIのような画像でズレが見られなくても「骨盤」がズレていてその骨盤を矯正する必要があると整体で言うのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み


ひずんだ「骨盤」は、さまざまな不調などを身体にもたらします。 骨盤が歪むと「骨盤」に乗っている背骨が歪みます。 背骨がズレると脊椎の中に入っている血管や神経、肉体を保靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管に負担がかかります。 これらは、どれも身体にとって凄く重要なものでどれが障害されても身体に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨がズレると背骨から出る神経機能が狂います。 内臓の障害や運動器官の障害など肉体の様々な部分が神経でコントロールされているので、これら全ての身体の障害に関連してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


歪んだ体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかってくるため慢性の凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良


身体の歪みによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体で行う骨盤矯正


手技療法による整体の「骨盤矯正」は、主に手によってされます。 矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手でするようです。 また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する器具も使う事もあるみたいです。 一般に施術の痛みは無いのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に治療を行う方法を用いる施術師もいます。 正常な骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動域は非常に狭く大きく可動することはありません。 この少しの可動域を施術で可動させるので普通は強い力を必要とすることはない。

整体でおこなう骨盤矯正


「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの範囲でしか骨盤の関節は動くことはできない。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットで見かけますが、騙されないで下さい。 骨盤にどんなに力をかけても眼で見て分かるほどの動きはしない。 こんな広告をする「整体」では「骨盤」の上に乗っかるなど強い力を加えるなどして調整します。 強い力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると思う人達もいると思いますが、目に見えて分かるほど動いた時は「骨盤」の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。 治療した後に変化したと思う方達もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけなんです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありえません。 かりに目に見えて動きが分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが生じているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正


例外として「骨盤」が普通異常に可動することがある。 それは、出産時です。 出産時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節がゆるんで骨盤が広がるように可動しやすくなっていきます。 出産の時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産時以外では「骨盤」の関節はこのような柔軟性はないのです。 出産の時でも決して大きく可動しない骨盤が見た目で分かるほど矯正で大きく動くことはありえません。 歯列矯正のように数年間にわたって常に力をかけるようなコルセットなどを使えば少しずつですが矯正していくことは可能でよしょうが現実的に無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!


整体でする「骨盤矯正」は体形などを変化させるものでなく体をバランスのとれた健康な状態に正すことが目的なんです。 骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなひずみでも痛みを発することがあるし、骨盤のちょっとの歪みを身体全体をひずませ健康に影響を与えます。 「骨盤」を整え体をバランスがとれた良い状態に戻すことで健康を保って痛みや凝りを解消します。 もし骨盤がひずんでいると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、体の基礎です。 「骨盤」が歪めば身体全体が傾ていしまいます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体矯正はとっても有効な手助けになります。
浜松市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です