鬪ィ逶、遏ッ豁」縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市中区、骨盤矯正

こんなに素晴らしい○○に囲まれてる日本人は幸せです!娯楽を越えた至高作品について岡田斗司夫が語ります【岡田斗司夫/切り抜き/アニメ/マンガ/小説/映画/創作物/文化/切り抜き】


【板ガム】美味しかったのに何故・・・【ゆっくり解説】


壇ノ浦の戦い後の平家 源氏の世の中で平家はどう生きたのか?【鎌倉殿の13人】


渡辺 真知子・かもめが翔んだ日


【自然災害の脅威】南海トラフ巨大地震「カウントダウン」


【ゆっくり解説】今なら全日本ラリー無双確実!非公認R5車両、三菱ミラージュR5



骨盤矯正とカイロプラクティック


「骨盤矯正」


昨今は「骨盤矯正」という言葉をネットやテレビや週刊誌で見かけることが増えました。 「骨盤矯正」はどんなものなのか解っている人達は少ない。 骨盤矯正はどんなものなのか説明してみる。 「骨盤矯正」のことを知って、間違い無い骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!


「骨盤」は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先っぽについている尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療では普通骨盤の治療は行いません。 なぜかと言うと、一般医療では骨盤はズレないと考えていて「骨盤」が普段の生活でズレてそのことが肉体の不調の原因になってしまうことはないと考えているからです。 (だがしかし一部の病院では骨盤の矯正を独自に行っている整形外科も少しですがあります)。 例外としては、交通事故や高い所から落下した時のように大きな負荷が骨盤にくわわり「骨盤」の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元の状態に戻すように「骨盤」を修正する場合がある。 この場合は、手術のようなかたちで骨盤の修正を行うことが多い。 また婦人科では、産後に「骨盤」の関節の緩みを修正するように骨盤を絞めて固定する骨盤ベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?


病院の医療では、骨盤は歪まないとされており「カイロプラクティック」などの民間療法では「骨盤」はズレると考えていていったいどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いが出るのかを説明してしてみたいと思います。 まず、「カイロプラクティック」で言うところの骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲンなどの画像で分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

一般の医療では?


産婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像で見て分からない程度のズレは痛みなど身体の不調の原因になることは無いと考えているのです。 それ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的なのは出産するときに開くくらい。 中年以降は仙骨と腸骨はくっついてしまうため骨盤は通常では動かないと思われているみたいです。

骨盤矯正とカイロプラクティック


手技療法で行う骨盤矯正では、常日頃から骨盤のわずかなひずみを施術することで患部の痛みがなくなるのを経験しています。 現実に「骨盤」の骨盤の周辺には靱帯、神経、筋肉があり少しのズレでも筋肉、神経、靱帯を充分刺激します。 MRIやレントゲンのような写真でひずみが写らない場合でも骨盤が歪んでいて、そのズレを調整する必要があると「カイロプラクティック」で考えるのはこの為です。

骨盤の歪みが原因?


歪んだ「骨盤」は、さまざまな痛みを身体に出現させます。 骨盤がひずむと骨盤に乗っている背骨が歪みます。 脊椎が歪むと脊椎の中の神経や、体を保筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、それも全て身体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨がズレると脊椎から出ている神経の伝達が障害されます。 内臓機能の障害や運動機能の異常など体のいろいろな部分が神経で操られているのですべての身体の異常に関わってきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担


歪んだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくる為、慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良


肉体のズレによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正


手技療法によるカイロプラクティックの「骨盤矯正」は多くの場合手技によってされます。 矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もありますが、一般には手技でするようです。 また、骨盤ベルトのような骨盤を締め付けるような道具も用いる事もある。 普通修正の痛みは伴わないのが普通のようですが、中には凄く強い力で無理に施術をする方法を使用する治療師もいる。 正常な骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動性は非常に狭く大きく動くことはありません。 この少ない動きを治療で動かすので、基本的に大きな力を使うことはないのです。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正


骨盤の関節は靱帯や筋肉で強くつながっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさの範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできないのです。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌などで見ますが、騙されないで。 骨盤にどんなに力をかけても眼で見て分かるほどの変化はしません。 このような広告をする「カイロプラクティック」は、骨盤の上に乗っかるなど強い力を加えて矯正します。 すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど可動した時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を壊してしまいます。 治療した後に変化したと感じる方達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような気がしているだけなんです。 「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ骨盤が目に見えて違いが自覚できるほど可動していることはないのです。 かりに目に見えて動きが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙腸関節の痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外的に骨盤が普通異常に動くことがあります。 それは、出産時です。 出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで「骨盤」が、開くように動きやすくなっていきます。 出産の時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では「骨盤」の仙腸関節はこのような柔軟性は無いのです。 出産の時でもそんなに大きく可動しない骨盤が見た目で分かるほど修正で大きく動くことは無い。 歯の矯正のように数年にわたって常に力を加えるような骨盤ベルトなど使えば少しずつですが矯正していく事はできるでしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!


「カイロプラクティック」でおこなう「骨盤矯正」は体形などを変えるようなものではなく肉体をバランスの整った理想の状態に正すことが目的なんです。 骨盤の関節は多少のひずみでも痛みを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。 骨盤を修正して体をバランスのとれた良い状態に保つことで、健康を保って痛みや凝りを解消します。 もしも「骨盤」がズレていると思うのであれば、「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。 骨盤は体の基礎です。 骨盤が傾けば体全体が傾きます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティックの治療法はすごく効果的な手助けになる。
浜松市西区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です